カラコン初心者のブログ

カラコン初心者の方は必見!

カラコン初心者のブログ

フチなしカラコン

見た目の印象を決める上で、目は重要なパーツです。そして目の印象を大きく左右するのは、瞳の大きさです。カラコンで印象を変えてみたい、だけど中には周りの人につけていることは知られたくない、と思う人もいます。そんな時にぴったりなのがフチなしカラコンです。フチなしは、レンズのフチに強い着色がないものを指し、瞳を優しい感じで変えてくれます。特徴はやっぱりそのナチュラルさです。逆に、フチがあるものの方が、目がくっきりと強調されるので大きく見えます。フチなしは、フチありとは正反対で、極力自然にデカ目効果を得たいときに重宝されます。黒目の部分がくっきりと出ないため、つけてる感が出すぎず、ナチュラルタイプが好きな女の子や職場や学校などでつける場合にぴったりです。自然でありながらきちんと瞳を大きく見せてくれて、元々の瞳にもなじみやすいです。ぐるっと囲む部分がないため、全体的にふんわりとした印象の目元を作ってくれます。裸眼のような印象で、目元を強調しすぎないので、大きめの直径のものでも自然にフィットし、透明感が出て優しい印象を与えることができます。インパクトの大きなクッキリ目効果はありませんが、自然に瞳を可愛く見せることができます。瞳の色を全体的に変えることができるため、さりげないイメチェンも可能です。カラコンの種類は多種多様です。それぞれの特徴をしっかりと掴んで、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

40代カラコン

現在の若者の多くが、カラコンを使用して化粧をしています。何色ものカラーや大きさも様々にあり、簡単に顔の印象を変える事が出来ます。また、数多くのタイプのものが、ネットや店頭を通して販売されています。価格も手に取りやすいものが多く、手軽にお洒落を楽しむことが出来るアイテムとして人気を誇っています。
40代の方も、カラコンを使って化粧をしている人は少なくありません。しかし、若い年代の人に比べると、まだまだ敬遠している人が多いのが事実です。今回は40代の方でも取り入れやすいタイプのものを紹介したいと思います。
まず、ナチュラルなタイプのものを選ぶことが大切です。色の選び方は、日本人の瞳の色に合わせた茶色か黒が良いです。青や緑なども販売されていますが、目だけ浮いたようになり、違和感を感じてしまう場合があります。茶色や黒なら、違和感を感じることなく、普段より瞳をくっきりと見せる効果があります。瞳がくっきり見えることによって、年齢よりも若く見える効果があります。
直径の大きさは、あまり大き過ぎないものを選ぶのが肝心です。あまりに大きいと白目が見える範囲が小さくなり、感情が表に現れにくくなります。また、カラコンを着けているということがあまりにも分かりやすいと、ナチュラルな感じではなくなってしまいます。
40代は、まるで着けていないかのように、自然に瞳の印象を変えることが大切です。ナチュラルなタイプのものを装着すれば、自然に普段の自分と違った印象を持つことが出来ます。

装用感

カラコンを選ぶ上で最も大事なのが、装用感です。付け心地ですね。先ほども書きましたが、これがあまりよくないとごろごろとした感じがしたり、涙が止まらなくなったりします。でも、買う前に試すのってあんまりするものではないですよね。自分のBCとDIAと度数が合っていれば問題なく購入してしまいますが、実は、レンズによってこの装用感は驚くほど違います。
私は、基本的に乾きにくいタイプのレンズしか使っていないので普段はあまり使い心地とかがきになりません。でも、付け始めの頃は本当に苦労しました。全然レンズが目に合っている感じがしなかったのです。忘れてかきまくっていたこともありますし、付けたまま寝てしまった時なんかは最悪です。朝起きた時に片方は見えるけどもう片方は見えないというようなこともよく起こっていました。(笑)
コンタクトレンズを使っている時点で目が乾くのは仕方がありませんが、自分に合うレンズというのはありますので、是非それが見つかるまで探して欲しいですね。カラーコンタクトと普通のコンタクトの違いが少しは分かっていただけたなら幸いです。


更新履歴

2015年12月7日
フチなしカラコンを更新
2015年12月7日
40代カラコンを更新
2013年5月23日
装用感を更新
2013年5月23日
16mm以上を更新
2013年5月23日
サークルレンズを更新
2013年5月23日
度ありレンズを更新
2013年6月19日
サイトマップを更新

メニュー